子供にしっかり教育させたいなら小学校受験がお勧め!!

子供の将来を考えて、小学校受験を悩んでいたり、検討していたりするご家庭は少なくありません。ここでは、小学校受験について基本的な内容や受験する良さについてお伝えしてします。是非、受験をする際の目安や参考にして下さいね。

小学校受験とは?

小学校受験

【小学校受験について】

小学校受験とは、私立や国立の小学校に通う事を目的として行われる受験です。面接や試験を受けるのが一般的になりますが、中学校や高等学校を受験する時とは違い、各小学校で独自の選考基準が設けられているのが特徴として挙げられます。なので「受験」と一言でいっても、一般的な受験のように数字を計算する、漢字を書く、と言った子供の学力を見ると言うよりは、子供の躾、行動、判断力等が受験では重視されています。

他にも、親の教育方針であったり学校に期待する事であったりが、希望する学校の方針や特色と合っているかという部分も受験する際の選考基準内容に含まれてきます。私立や国立の小学校受験をする理由は、各家庭によって動機は様々です。例えば、教育環境が整った充実した学習カリキュラムの中で子供を成長させたい、中・高・大学進学を見据えた上で附属小学校を選択する場合もあります。

【小学校受験のスケジュールや倍率】

小学校の受験倍率に関しては、受験を希望する小学校によってその倍率は大きく変わってきます。一般の私立小学校では約2~3倍程度となっており、有名な私立・国立小学校では約10倍以上という学校も珍しい事ではありません。特に、国立小学校と言うのは、教育費面では私立小学校よりも安くなっており、教育環境も整っている為多くの子供を持つ親御さんから高い支持があります。

受験の準備期間

基本的に私立や国立の小学校を受験する為には、受験準備期間として約2〜3年かけての準備が必要です。家庭によって受験準備の開始期間は異なるので、もちろん1年の準備期間だけでも希望の小学校に合格する子もおり個人差はあります。しかし、幼稚園や保育園の年少クラスから受験に向けて準備を始める家庭も少なくありません。

受験の受付期間

小学校の入学説明会・見学会は、基本的に受験が行われる年の5~10月頃にかけて行われます。そして、9~12月の間に受験願書の受付や考査が行われています。年内に受験の合格発表が行われて入学手続きまで済ますのが一般的ですが、その時期は各小学校によって異なります。例えば、願書受付日や考査日が第1~3回と分割している学校もあれば、考査日が翌年の1月に行われる学校もある等、全ての私立・国立小学校が同様のスケジュールで行われていません。なので、受験小学校を併願して受ける事が出来る点は大きな魅力ですが、各小学校の受験受付期日を間違えないように気を付ける事が大切です。

【小学校受験は余裕をもって早めに親子で準備する事が大切】

私立や国立の小学校受験では、子供の他にも親の面接も含まれている学校もあります。親の面接では、自分の子供を親がどれだけ理解をしているか、どのような思いで子供と日々接しているかが等を質問されたり、受験小学校の方針や特色と、子供の家庭教育方針や子供の性格等と合っているか見られたりします。

なので、志望する学校の精神・理念・沿革等を理解する事も大切で、小学校の入学説明会や相談会は自ら積極的に参加して学校についてのメモを取るようにし、夫婦や家族で受験小学校について話し合いがしっかり出来るようにしておく事が大切です。

小学校受験は、何も子供だけが受ける受験ではありません。親子で行う受験とも言えるので、親は子供の意志や思い等にもちゃんと耳を傾け、余裕を持った受験スケジュールで子供の受験対策に向けて準備していく事がポイントです。

小学校を受験するメリットとは?

小学校受験

入試の勉強でマナーや思考力が身に付く

私立・国立小学校を受験する機会は、入試の為に行われる様々な受験マナーや勉強によって、子供の思考力を高めたり、しっかりとしたマナーが身に付いたりする良さが挙げられます。私立・国立小学校に入学する為には、入学試験を受けて合格する必要がありますよね。こうした入試には、受験内容の一つに思考力や記憶力をみる為に絵や図形を使った問題を解くペーパーテストと、子供の特性を見る為にグループに分かれて活動して試験が行われたり、面接が行われたりします。

小学校受験を行う為には、基本、幼児教室に通って入試勉強をする必要があります。こうした受験学習環境の中で、子供自身でマナー、思考力、計算力と言った基礎力が培われます。知識吸収のスピードが早くい幼児期に、しっかり子供の思考力を鍛える事が出来るのです。

高レベルの教育を受ける事が出来る

私立・国立小学校の最も大きな魅力は、何と言っても高レベルの教育を子供に受けさせる事が出来る教育環境です。受験小学校に対して両親も強く教育方針に共感し、自分の子供にも合った小学校に入学する事が出来ると言う事は、子供にとっても親にとっても小学校の6年間は充実したものとなります。

私立・国立小学校と言うのは、各小学校で学校独自の教育理念に基づいて6年間のカリキュラムが構成されています。例えば、子供の学力別にクラス編成されている学校がある等、子供一人一人に対する学習のケアが行き届いており、公立小学校と比較してみると子供にとって効率的に有意義な学習環境が整った場所であると言えます。

小学校に在籍する教師の質が高い

在籍している教師の質が高い点も大きなメリットの一つです。私立・国立小学校の教員は、学校法人の厳しい採用試験を通過した優秀で選ばれた人材です。在籍している教員は、しっかり学校の教育方針も理解しており、良い教員が在籍している確率が高いと言えます。

他にも、公立小学校と異なり学校側で常に教員一人一人が評価されているので、教員としての質を落とす事無く教員としての高いスキルが維持されやすいのです。また、教師の転勤も無いので、教員も在籍する小学校で腰を据えてしっかり指導出来る環境も、子供の教育にとっても良いポイントになっています。

内部進学する事が出来る

中学・高校・大学までの一貫教育を行っている小学校であれば、その後、一切学校受験をしなくても内部進学する事が出来ると言う良さがあります。そのまま子供を大学まで進学させたいと検討している家庭であれば、小学校受験さえしっかり乗り切る事が出来れば、競争が厳しくなる中・高・大学受験をしなくて済みます。受験が無い分、自分のやりたい勉強やスポーツ等にしっかり打ち込む事が可能になるので、伸び伸びとした学習環境の中で成長する事が出来ます。

価値観の似ている家庭環境で育った友達と出会う事が出来る

私立・国立小学校に入学する子は、経済面でも余裕のある家庭で育った子が殆どです。また、両親が子供には高い水準の教育環境の元で学習させたいと考えている等、各家庭における教育に対しての価値観が似ていると言う事が言えます。家庭収入や家庭環境が様々な子供が集まる公立小学校異なり、私立・国立小学校と言うのは、様々な価値観が似ている環境で育った子が多く集まっている場所でもあるのです。なので、気の合う友達と出会いやすい環境であると言えます。

子供の持っている個性を伸び伸び伸ばす事が出来る

私立・国立小学校は、進学や勉強に力を入れてカリキュラムを構成している所もあれば、子供の持っている個性を自由に伸ばす事を狙いとしている学校もあり、校風と言うのは実に様々であると言えます。どこの私立・国立小学校であっても、小学校に入学する為に皆同じ入学受験を通過して合格した子供が集まっており、子供自身の学力や思考力と近い友達と落ち着いて学習に励む事が出来ます。また、個性を伸ばす自由な校風であれば伸び伸びと成長できますし、子供の学力に合った学校を選べば、学習に集中しながらそれぞれの子供の個性を落ち着いて伸ばすことができます。

学習意識の高い友達と切磋琢磨し合いながら高める事が出来る

私立・国立小学校に入学してくる子は、勉強熱心で学習に積極的に取り組む家庭と子供が集まっています。なので、勉強に対しての学習意識の質が高く、友達同士で切磋琢磨し合いながら日々学ぶ環境が整っています。進学校の場合であれば、その後中・高・大学の受験に関しても、周りの友達は自分のライバルともなり良い意味で大きな刺激に繋がります。また、目標意識の高い仲間と一緒に受験勉強を乗り切る事が出来るので、学習に対するモチベーションの高い友達と常に過ごす事が出来る環境は、子供にとっても大きなメリットに繋がります。