5人に4人が発症!?怖い歯周病・歯周病歯槽膿漏の症状や歯周ポケットケアの重要性について

5人に4人が発症!?怖い歯周病・歯周病歯槽膿漏の症状や歯周ポケットケアの重要性について

食べ物を噛んで飲み込みやすくすることをはじめ、私たちは生活を送るうえで「歯」はとても大切な役割を果たす大事な部分です。
歯がもろくなってしまったり、歯を支えている歯茎が弱くなってしまったりすると、最悪の場合「歯を失う」といった恐ろしい結果をもたらす可能性があります。
こちらの記事では、歯に関する病気に多い「歯周病」や「歯周病歯槽膿漏」の基本知識、
そしてデンタルケアを行うときについ見逃しがちになる「歯周ポケット」についてご紹介します。
 
恐ろしい歯の病気「歯周病」について
放置してしまうと歯を失う、またはひどい口臭のもとになる、さらには口腔内以外の場所へも悪影響を及ぼす原因になると言われているのが「歯周病」です。
歯周病は、世界でもっとも患者数が多い病気としてギネス世界記録にも登録されていることから、私たちにとって無視できない歯周疾患だといえます。
成人の5人に4人が侵されている歯周病は、日常的なデンタルケアなどの手入れを怠ることから発症してしまう、
現代における生活習慣病の一つだといわれています。
 

歯周病は何故起こる?

「歯周病」は、歯の周りにある歯肉(歯茎)や歯を支えるための歯槽骨などに発症する病気であり、
歯磨き不足で歯垢(プラーク)という名の細菌が溜まってしまい、それが原因で炎症を起こしてしまいます。
歯周病の恐ろしさは初期のうちは自覚症状がほとんどないことから、歯医者に行ったときにはかなりの重症だったというケースがほとんどです。
 

歯周病による怖い影響

歯周病は日本の成人のうち約8割が発症するとも言われる歯周疾患であるため、自分は大丈夫と思っているといつの間にか最悪の状態にまで
悪化してしまっている可能性があります。
歯周病による怖い身体への影響のうち、よくあるのが「ひどい口臭」です。
歯周病の症状が進むにつれタマネギやニンニクといった何ともいえない嫌な臭いが発生することから、毎日歯を磨いていてもその臭いが収まることはありません。
また、ひどい状態になってくると歯茎が腫れたり、膿がでてきたり、さらには歯茎が痩せ細り歯と歯とのあいだに隙間ができてしまったり、
そして結果的に歯が抜けやすくなったりという状態に陥ります。
そのため、日常的に正しいデンタルケアを行うことが大切であると同時に、定期的に歯医者さんに通って歯周病予防をすることが大切です。
 

おすすめの商品

 

 デントール

 歯周ポケットクリーナー「デントール」は今までの歯ブラシとは全く異なる方式の電動歯ブラシです。
 ノズルの先端から、パルス水流と共にブラシの毛先が飛び出し、
 歯周ポケットの深さ10ミリまで届くため、
 歯周ポケットの最深部で活躍中の菌を駆除することができます。